お仕事について

2012年7月15日 (日)

塩麹おじさんの熱い塩麹本が7月27日発売!

こんにちは、フード企画・141ですrestaurant

来る7月27日に、私たちがずっと発信し続けてきた塩麹の世界が一冊の本として発売されることになりましたsign01

本のタイトルは「浅草橋の塩麹レシピ」ですhappy01

↑スミマセン、まだ表紙が完成していないので本のイメージはないのですが、楽天ブックスで予約受付中ですshine

426879_321163354643295_2082744427_nこの本の中では、基本的な塩麹の作り方はもちろん、お肉や魚、野菜を使った和洋中の塩麹レシピや、なんとデザートまで紹介! 作り方の工程にも写真を掲載し、わかりやすく説明しています。

また、どうして塩麹を使うと料理が美味しくなるのか、巷に数ある塩麹と「浅草橋の旨み塩麹」はなぜ違うのかなど、普段セミナーでお伝えしている塩麹の本質的なお話も網羅しています。

旨み塩麹のファンの皆様にとってはより塩麹の世界を堪能できる本として、また塩麹をまだ知らない皆様にとっては、塩麹料理の良き手引きとして、きっと満足していただけると思います。

発売日からは全国の書店でもお買い求めいただけます。どうぞよろしくお願いいたしますhappy01

flair塩麹おじさんの熱い塩麹本出版記念「旨み塩麹オープンカフェ」開催flair
7月15日、16日、本の出版を記念して、「旨み塩麹オープンカフェ」を開催しています。レシピに掲載されているメニューの試食会、旨み塩麹やこだわりの新鮮野菜の即売会を実施。参加費は無料です。お気軽にお立ち寄りくださいheart04

【facebookページ、いいね!お願いします】
浅草橋しおこうじ物語のfacebookページがあります。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。お得なショッピング情報やプレス情報を発信しています!
⇒「しおこうじ」「塩麹」「塩麹メニュー」で検索してください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月13日 (月)

塩麹×豆腐蔵前四代目 コラボメニュー撮影

restaurantこんにちは、フード企画・141ですrestaurant

今日は、「塩麹×豆腐蔵前四代目」コラボメニューの撮影でしたhappy01

Photo

・湯葉天 おろし塩麹添え
・湯葉のエリンギ巻き焼き 塩麹ソース
・きゅうりと湯葉の塩麹和え
・湯葉のおろしきゅうり和え 塩麹風味
・湯葉としめじのおかか塩麹炒め
・入り油揚げ入り納豆
・豆腐の塩麹漬け
・冷奴 塩麹オリーブオイルがけ

などなど・・・

豆腐蔵前四代目の豆腐や湯葉、油揚げを使って塩麹メニューをたくさん撮影しました。

塩麹はほどよい塩気と旨味があって、素材の味を引き立ててくれます。炒め料理の味付けに、天ぷらなどのつけダレのベースに、また豆腐や納豆にかけるだけ、と、毎日の料理にとても取り入れやすい万能旨味調味料sign01

そんな塩麹の素晴らしさをぜひ多くの方に知ってもらいたい、ということで、弊社では以下の活動を積極的に行っておりますshine 

浅草橋しおこうじ推進プロジェクト!
日本の伝統食文化を見直そう。

『浅草橋しおこうじ』物語。

塩麹に興味ある方は、弊社にお問い合わせください。
info@foodkikaku-141.co.jp まで。

フード企画・141

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 8日 (水)

企画アシスタントを募集しています!

restaurantこんにちは、フード企画・141ですrestaurant

今回は、スタッフ募集のご案内ですsign01

弊社で進めている塩麹プロジェクトの運営業務や日々の撮影、レシピまとめなどなど、お仕事をお手伝いしてくださるアシスタントを募集しています。

・食べることが大好きで、料理や食材について関心のある方

・明るく気さくな方

・30代まで

以上の条件を満たす方であれば、経験や資格の有無は問いません。

ご興味がありましたら、電話またはメールにてお問い合わせください。追って、詳細についてご説明させていただきます。

よろしくお願いいたしますhappy01

フード企画・141

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月25日 (水)

塩麹の販売の予約受付開始と塩麹セミナー再開催のお知らせ!

restaurantこんにちは、フード企画・141ですrestaurant

原発の問題は、ますます深刻化していますね。

お陰様で、そのこともあって、弊社開催の塩麹セミナーは好評を博しています。

自分の体は自分で守る時代になったという事ですかね。

さて、塩麹セミナーが好評につき、いよいよい塩麹を商品化して販売することになりました。

製造・販売については、手続き等を含めて、現在準備中ですので、ただ今予約受付中です。

発送は6月初旬から随時出来るように目指しております。

発送の準備が整い次第、折り返しこちらからメールにて、発送日・支払い方法等を

ご連絡させていただきます。

お気軽に、お問い合わせ、申し込みください。

申し込みは、info@foodkikaku-141.co.jp

価格は、200g600円、400g1100円(送料別途)です。

浅草橋しおこうじ物語/塩麹推進プロジェクトpaper

麹の歴史は1000年以上も遡ると言われています。

味噌、醤油、味醂、酢、日本酒なども麹を使った食品です。

麹は微生物です。

その微生物と出会った食べ物がゆっくりと時間をかけて分解され、作りだされたものが発酵食です。

日本は高温多湿な島国であり、微生物にとって一番働きやすい環境にあるのです。

発酵食には、様々なメリットがあります。

発酵させることで食べ物の保存性を高め、同時に独特の旨みや香りを生み出してくれます。

発酵食には酵素が豊富に含まれているので、摂取することは、体内酵素力を高めることになります。

塩麹は、麹そのものを味わうものではありません。

塩麹が持つ旨みや香りを食材にプラスすると同時に、麹菌が分泌する酵素によって、食材の様々な成分を分解し、素材を柔らかくしてくれる、自然の旨み調味料なのです。

塩麹は、麹の持つ力によって、デンプンを糖(甘み)に、タンパク質をアミノ酸(旨み)に変えた、

いわば自然の万能旨み調味料です。

漬けこみ、マリネ、味の決め手や隠し味、たれ、ソースとして、どんな料理にも合います。

麹菌が生き続けている限り、食べ物の保存性も高まりますから、保存料としての役目もあります。

これからのエコ対策メニューとしてもぴったりですね。

塩麹推進プロジェクトでは、塩麹料理講習会も随時実施していますsign03

◆実行運営事務局◆
〒111-0052
東京都台東区柳橋2-15-2
リエトコート浅草橋1202
有限会社フード企画・141内
電 話:03-3861-8855
メール:info@foodkikaku-141.co.jp
ブログ:http://ameblo.jp/fk141/

麹料理講習会のお申し込み・お問い合わせは、上記連絡先までお願いいたします。

flair 開講日は、いずれも平日18:30~で約2時間を予定しております。

flair予約は1週間前までにお願いいたします。ただし、欠員等があれば随時ご参加いただけますので、お問い合わせの上、参加状況をご確認ください。

flair4名以上でご参加の場合は、開講日・時間を調整の上、日中でもご都合に合わせて講習させていただきます。

flairセミナー参加者の方には、塩麹200gをプレゼントさせていただきます。

flair実際に塩麹を使ったメニューをフルコースにて試食できます。

みなさまのお越しをお待ちしております!

フード企画・141

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 1日 (金)

『浅草橋しおこうじ』物語 ついにセミナー開催!

restaurantこんにちは、フード企画・141ですrestaurant

先日、塩麹推進プロジェクトのお知らせをさせていただきましたが、早くもお問い合わせが寄せられました。

そこで、塩麹推進プロジェクトの一環として

『浅草橋しおこうじ』物語 
塩麹・発酵食品について学ぶ会

を随時開催することにしました!

第1弾は、ちょっと急なのですが、4月4日(月)~8日(金)のお昼/夜で開催しますhappy01

■場所 フード企画・141(詳しい住所はホームページでご確認ください)

■日程 4月4日(月)~8日(金)

■時間 お昼:14時~ 夜:19時~ 各回2時間程度の予定

■参加費 3,000円

塩麹の作り方や、塩麹を使ったメニューのデモンストレーションと試食、そして、参加者皆様にお土産用の塩麹(200g)をプレゼントshine

ご興味のある方は、ぜひお問い合わせ・お申し込みくださいhappy01

ホームページ http://www.foodkikaku-141.co.jp/

Eメール info@foodkikaku-141.co.jp

TEL 03-3861-8855

*こちらのチラシもご活用ください

「1.doc」をダウンロード

では、皆様のお越しを心よりお待ちしております。

フード企画・141

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月30日 (水)

塩麹推進プロジェクト発足!

restaurantこんにちは、フード企画・141ですrestaurant

3月11日に発生した大地震から20日あまり。被災地の救援・復興活動は徐々に進められてはいるものの、被災者難民の問題、活発な余震活動に対する不安、そして原発事故による放射能汚染問題などが残ったままで、地震前のような生活、経済活動に戻るには、相当の時間がかかることでしょう。

弊社も、地震による被害が少なからずありました。今は計画停電のあおりを受け、一部業務にも支障が出ています。

でも、だからと言って休むわけにはいきません! ほんのわずかでも日本の復興や、国民を元気付けることができるよう、今まで通り「真っ当な食」について幅広い活動を展開してく所存です!

_1_2さて、表題にも記しましたが、弊社では「塩麹推進プロジェクト」なるものを立ち上げました。発起人は、弊社代表の石井千秋です。

震災よりも前の話になりますが、そもそも食品業界にはびこる添加物や化学調味料の問題提起を行ってきた石井が、「日本人として、日本の食文化、発酵食品の偉大さに改めて敬意を表しと感謝をするべきではないか」ということで、発酵食品の素となる‘麹’に注目したことがきっかけでした。

麹のことを知れば知るほど、その優れた性質に驚き、また、そのままでは摂取しずらい麹を「塩麹」という万能調味料として使う方法に辿りつき、様々なメニュー作りに試行錯誤している矢先の震災でした。

震災後からこの塩麹についての活動を再開したところ、放射能被曝の問題からか知人からの引き合いが増え、仕込んでおいた大量の塩麹がまたたく間になくなってしまいました。塩麹がこんなにも世間からの感心が高いものであるなら、これまで培った経験や知識を伝え、みんなで健康的な食生活を送ることを目指す場として「塩麹推進プロジェクト」を発足させるに至ったわけです。

長々と説明しましたが、要するに、塩麹作りや塩麹を使った家庭的な料理を学んでいく活動です。

石井のブログや、弊社ホームページにも、塩麹や塩麹レシピについての様々な情報をアップしています。

石井千秋のブログ http://ameblo.jp/fk141/
弊社ホームページ http://www.foodkikaku-141.co.jp/

ぜひ、ご覧になってみてください!

下記は、「塩麹推進プロジェクト」を立ち上げた経緯や、ここに込めた思いをまとめたものです。ぜひこちらも読んでいただけると嬉しいですし、わたし達と一緒に、塩麹の素晴らしさを体験してみませんか!?

≪塩麹推進プロジェクト≫

食に携わる者として今できること、だからこそできるならではのことは、何だろうか?考えてみました。
今、日本は福島原発の事故による、放射能物質の汚染問題が懸念され、その恐怖と不安に 慄いています。いち早く収束に向かう事を願うばかりですが、これからの時代は、自分の身体は 自分で守る時代が到来したのではないかと考えます。

【自分の身体は自分で守る!】
ここに興味深い話しがあります。
『発酵食品はすごい!』板倉弘重 著 から引用させていただきます。
味噌に放射能物質を体外に排泄させる作用があります。
これを実験したのは、広島大学放射能医学研究所、伊藤明弘教授の研究グループで、放射性物質・ ヨウ素131やセシウム134を使い確かめたそうです。
1945年の広島と長崎に原爆が投下された際、長崎市の聖フラスコ病院では戦時下の食糧備蓄として大量の味噌や醤油、わかめが保管されており、患者や医師、看護師たちが毎日わかめの味噌汁を 飲んで過ごしたところ、原爆症の被害が少なかったという記録が残されているといいます。
この経験から、1986年チェリノブイリ原子力発電所の爆発事故では、放射能汚染被害が世界各地に 広がりましたが、放射性物質による健康被害を防ぐために味噌が注目され、事故後ヨーロッパ諸国への 輸出量が急増しました。

いかがですか?皆さん!
日本人の伝統的な発酵食品は、日本人の昔からの知恵でもあり、今こそ見直す必要があるのではないでしょうか!! 日本には麹という偉大な発酵食品があります。
味噌や醤油を始めとした麹による発酵食品には、その生理効果が放射線防御作用を及ぼすのでは、 ということです。味噌の成分により、身体の代謝活性がよくなり、また、その成分が血液中の放射性 物質などと物理結合する物質があり、それが放射性物質を排泄するのだろうということです。
こうした味噌の生理作用は主に味噌の成分でもある大豆成分にあると思われるようですが、発酵食品 であることも大きく関与しているのではないかとも言われています。
それは、大豆を主原料とし、麹菌で発酵させて作る醤油にも同様の効果が認められたからのようです。
発酵の際に作られる酵素には、強い解毒作用を持つので、これらが放射性物質除去作用の要因に なっていると考えられるのです。
これらのことは、伊東明弘教授のマウス実験によって、立証されているようです。

これからの時代は、こうした人間の身体に本当に良いもの、真っ当なものを積極的に取り入れ、自分の身体は自分で守るべきだと考えます。

【発酵食品の効用】
微生物の力を借りて食べ物を分解し人間にとって役に立つ物質を作りだすことを発酵といいます。
日本の食卓には、昔から麹で作られた食品を使った料理が、数多くあります。
味噌汁の味噌、酢のものの酢、煮ものに使うみりんやお酒、そして醤油。
調味料の多くは、麹を使って作られたものばかりです。
麹の歴史は古く、はるか昔1000年も前からあり、日本の食文化を形作ってきました。
例えば、米麹。蒸した米に麹菌という微生物を繁殖させたものです。
仕組みとしては、栄養たっぷりの蒸米が麹菌の繁殖の場としての最適な環境の基、麹菌が栄養を 吸収するために酵素という物質を生み出し、それが食べ物の風味や色に変化をもたらすというものです。
麹菌が分泌する酵素は、食べ物の細胞に入り込み、様々な成分を細かく分解します。このことにより、食べ物は美味しく柔らかくなり、人間の身体が吸収しやすい状態になります。
つまり、酵素が、たんぱく質やでんぷんを分解することで、消化吸収しやすい状態に変えてくれるわけです。さらに、酵素によって生成された糖やアミノ酸は人間のエネルギー源にもなります。
麹菌が元気に活動し、繁殖することで、人間にとって良いことをたくさんしてくれるわけです。
※参考文献/麹のレシピ 池田書店より



【塩麹推進プロジェクト】
したがって、麹の料理がもっともっと日常食になれば、健康維持・体力増進、そして今不安視されている 放射能被曝の問題にも、少しでも役に立てるのではないでしょうか?
身体の機能を正常に保ち、滋養強壮作用、消化促進、美肌効果、老化防止などにもつながります。 さらに、麹を料理に使うことで、旨みが増しますので、調味料をたくさん使う必要もなく、ましてや、 旨み調味料なる化学調味料や食品添加物を使う必要はなくなります。
麹の偉大なる力を借りて、食べ物は美味しいもの、身体に良いもの、優しいものに変化するのです。

そこで、このプロジェクトでは、日本の伝統的な食文化、とりわけ発酵文化を見直し、実際の食生活の中に積極的に採りいれていくことを目指しています。

まずは、塩麹・手作り味噌を作ろう !
積極的に麹を料理に採り入れるためには、そのままではなかなか料理に使えません。
そこで、塩麹という万能調味料を作り置きすることをお勧めします。
ちなみに、手作り味噌は出来上がるまで最低は半年かかりますので、麹を比較的早く採り入れるには手作り塩麹の方が便利だと言えます。汎用性も高いのです。

塩麹とは?
いわゆる、麹を基調とした漬け物床ですが、その他にも万能調味料としていろいろな料理に使えます。
基本的には、塩と麹と水を混ぜて発酵させたものですが、発酵が終了すれば、冷蔵庫で 半年間くらいは十分保存できます。
野菜の漬けもの、漬け焼き、炒めもの、煮ものなど、何にでも使えます。隠し味として使えば、旨み調味料の役割りも果たします。
塩麹卵や塩麹豆腐などを作れば、保存食としても使えますし、その素材を使った応用料理の展開も 可能になります。
まさに、いいことづくしの万能調味料なのです。

以上。

ご興味のある方は、弊社ホームページよりお気軽にお問い合わせくださいhappy01

フード企画・141

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年3月10日 (木)

ほうれん草とチーズのスフレ

restaurantこんにちは、フード企画・141ですrestaurant

先週までは、幕張メッセで開催されていたFOODEX(国際食品見本市)で4日間パスタを作り続けていたと思ったら、今週は来月開催されるFABEX(外食・中食の業務用展示会)のお手伝いで試作作りの励んでます!

Photo

写真は、ほうれん草と二種類のチーズのスフレ。お惣菜屋さんにこんなのあったら買いたくなりますか!?

まだまだ試作は続きま~すhappy01

フード企画・141

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)

今年もどうぞよろしくお願いいたします

restaurantこんにちは、フード企画・141ですrestaurant

皆様、あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたしますsign01

Photo_2

写真は、本日開催の新年会に提供するウェルカムアミューズです。黒大豆の甘煮、紅白なます、菜の花の洋風おひたし、ル・レクチェと生ハム、そしてグラス入りの貝柱の冷製がゆといくら、です。

今年も、こんな風に皆様と一緒に美味しい食を楽しみつつ、食のプロとして役立つ正しい情報を発信していけるよう、努力していこうと思います。

フード企画・141

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月12日 (金)

洋風おせち!

restaurantこんにちは、フード企画・141ですrestaurant

気付けばもう11月。今年も残すところあと2ヶ月。毎年のことですが、やっぱり今年も「早いね~、もう今年も終わっちゃうね」とつい口走ってしまいますcoldsweats01

さて、今日は、そんな年末年始気分を盛り上げるべく(?)、お正月用の写真撮影を行いました。

20111 じゃん!! 洋風おせちですhappy01

長ねぎのタルト、サラダライス、サーモンマリネの大根巻き、鶏肉のコンフィの4点の盛り合わせです。たまにはこんな風に洋風のお惣菜を詰め合わせておせちにしてはいかがでしょうか。

でも、昔ながらの定番おせち料理も捨てがたいですよね。黒豆、田作り、昆布巻き、栗きんとん、花れんこん・・・いっそ今年は、洋風と和風の2段おせちもチャレンジしてみますかsign02

フード企画・141

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月20日 (金)

アメリカンポークの試食調理

restaurantこんにちは、フード企画・141ですrestaurant

1 Nec_0002

8月17日~19日に、国際フォーラムで「丸の内キッズフェスタ」が開催されていました。

子ども達が遊べて、学べて、楽しめるイベントやワークショップが多数開催されていたのですが、わたしたちはその中のひとつ「アメリカン・ポークをおいしく楽しく 親子でクッキング!」というプログラムのお手伝いをさせていただきました!

実は、お手伝いをするのは今年で2回目。去年はアメリカンビーフでしたが、今年は豚肉を使った料理の試食調理をすることになりました。

作ったのは、アメリカンポークのバックリブを一緒に炊き込んだカレーピラフと、野菜と一緒に蒸したサラダのセット。1日3回、毎回80食せっせと仕込んで提供しました。

一度に大量の仕込みをするのはやっぱり大変。でも回を重ねるごとに要領を得て、141チームならではのナイスコンビネーションで乗り切りましたよ!(笑)

今年も、子ども達の夏休みの思い出づくりに、少しは貢献できたのかな!? 美味しく食べて、お母さんやお父さんと会話が弾んで、楽しい時間を過ごしてくれたのなら、それで大満足happy01 お肉はもちろん、野菜もたっぷり食べて、元気で丈夫な人に育ってほしいと思います。

フード企画・141

| | コメント (0) | トラックバック (0)